【備忘録】西田工学 Wester s-2 基本操作編

b0297710_12023115.jpg

ども、メグ吉です。

GWに入り昼夜逆転しているような生活を送っています。
夜の11時頃に眠気を催して、お風呂に入ると覚醒し、
ヤフオクの出品作業をしていたらこの辺りの時間帯に。でもすっかり目が冴えてしまっています020.gif
(当時AM3:30)

先日は引っ越ししますとか言っときながらエキサイトブログに書き込みます。
いつなん時も試行錯誤しております。

gooブログに引っ越していたのですが、エキブロと違い無料で「記事別アクセス数」が確認できない事が不満。013.gif

というのと

002.gif003.gif004.gif005.gif

この顔文字に大分慣れてしまった事025.gif

とまぁ、そんな事で主題行きます。

------- 先書き --------

目が冴えた〜とか抜かしてたけど、書き途中で眠ってしまいましたwww

-------------------------





少し前に蛇腹状のカッコいいカメラを落札しました。
落札してから気づいたのですが、
このカメラ。1950年の代物でメーカーは西田光学というらしい。

1987年生まれの僕からすれば二周りも先輩なカメラ。

買ったときは「うぉ〜!来たわ!かっこいいわぁ!」とこころ踊らせていましたが
そんなに甘くない。
かなりのマニュアルカメラだったのです。004.gif

という訳で試行錯誤を繰り返し、とりあえずの備忘録。

根掘り葉掘り書きたかったですが、只今フィルム装填中のため当たり前な操作から綴っていこうかと028.gif


〜 準備 〜
b0297710_11363228.jpg
まずレンズ自体はしまわれていてコンパクトな状態です。
上記画像の中央の金具を横にずらすとパカッと開きます。

b0297710_11384586.jpg
手前に引っ張るとレンズが現れます。蛇腹式の醍醐味と言える瞬間です004.gif
下まで蓋を下ろすとカチッと音が鳴ります。
一応コレで準備OK!


〜 露出条件を設定する 〜

撮影したいものを見つけた時、現代のデジカメならばファインダーを覗いて
右手人差し指を下ろせば、カメラがピント合わせから露出条件を設定くれて
簡単に写真が撮れてしまいます。

しかしこのカメラ、そんな優しい設計は一切ありません022.gif

まず撮影したいもの(被写体)を見つけたら、距離を計ります。
目測で問題ないと思いますが精密にやりたい人は被写界深度を気にしながら撮るとうまく行くと思います。

どういう事かというと、一眼レフの様にファインダーを覗いてもレンズ直の映像が無いんです076.gif
ビューファインダーという設計のため被写体を見るための窓が付いているだけ、
ピント合わせはレンズに付いているダイアルを調整するだけでイメージする事しかできません。

とりあえず先に各部の紹介をしちゃいましょう!
b0297710_11484493.jpg
ピント合わせはここで行います。
b0297710_11345433.jpg
指先に示されている部分が「絞り値」です。
b0297710_11345401.jpg
最後にここが「シャッタースピード」1/10から1/300の間しか切り替えられないようですね。

長秒撮影に関してはバルブにしてしまえばいいですが、高速シャッターは現代とは比べ物にならないくらい遅い。

ついてはこんな感じ。

被写体を見つけたら・・・・。

・距離を目測しピントを合わせる
・絞り値を設定する
・シャッタースピードを設定する

簡単に書いてるけどコレが結構難しい。ってかここの設定の仕方が気になるところって感じですかね015.gif

デジタル畑出身の僕らにはまだこの辺りの設定は不慣れでしょうからこんなアプリを見つけました!


とりあえずiPhoneで見つけました!これで露出計ゲットです!
あとは距離計があれば最強なんですがね013.gif

と甘んじすぎては先人に笑われてしまいますがしばらくはコレで失敗写真を量産する事は無いかと・・・。

さてこのアプリを使ったりしながら設定ができたら、

b0297710_11345374.jpg
ここがシャッターレバー?名前がよう分からんですが005.gif

そしてファインダーを覗きながら構図を定めて〜〜〜、

b0297710_11345357.jpg
このボタンを押すと、

「・・・・カシュ。」

と見かけとかけ離れたショボい音がなり撮影終了。

レンズシャッター式なので絞り羽が開閉して終了なのよね。015.gif

b0297710_12044691.jpg
最後に次のフィルムに送る作業です。
指先にあるレバーを右に押します。

右のダイアルを矢印方向に回して次のフィルムに送ります。
b0297710_11345357.jpg
先の写真と同じですが、シャッターボタン横のダイアルを矢印方向に回してあげます。
回し続けるとカチッという音と共に先ほど右に押したレバーが左に戻ります。

これでフィルムの送りが完了です。
次の被写体を見つけましょう016.gif

以上が撮影するまでの基本操作編です。
順番おかしいけど、フィルムの装填とシャッターカウンターのリセット方法は別途紹介しようと思います。
特にシャッターカウンターは先に話しておくべきところなんですが、
あいにくフィルムが入ったままなので下手に扱えないので、、、
b0297710_11345366.jpg
ちなみにここにレリーズケーブルを接続するとバルブ撮影もできる様になります。

b0297710_11345224.jpg
b0297710_12023115.jpg
さらにはこんなものも買ってしまいました。銀座で500円で売っていたので即買いでした。
というのもこのカメラはストラップを付ける部分が無いので持ち運びに難儀します。
そういうときこういうアクセサリーがあると重宝しますね004.gif

[PR]
by MegKichi | 2015-05-04 12:13 | 写真
<< ガジュマル、大幅剪定でイメージ... 2014年最後の天体ショー「双... >>