秋晴れのガジュマル

b0297710_9364167.jpg

懐かしのガジュマル日記です。

撮影はPENTAX Q7 マウントシールドレンズで011.gif
(無加工)



植物日記と言うのは頻繁に更新するものでも無いので、
なかなか継続難しいですね004.gif

ガジュマル君は購入からもうすぐ一年。

今年は沢山の葉を芽生えさせ、僕を癒してくれました012.gif

成長の過程で剪定したので純粋な成長記録は付けれませんが、
大きな葉っぱに成長したものは10枚近くに昇ります004.gif

植物育成記を始めて分かったことといえば、

成長すればするほど、葉っぱは大きく育ちます。
しかし剪定をするとリセットされ、小さな葉っぱから生えてきます。
(ガジュマルにのみ言えること?)

なので剪定は意図した形にしようとしても難しい。
買った時のイメージから逸脱する恐れがあります013.gif

まぁ、御託は置いといて028.gif

b0297710_9364322.jpg


ノーゥ!縦構図が横表示されてしまう!!
チクシ×ウゥゥゥヴウウウツツ!031.gif
(乱れました)
その後アプリで修正。

b0297710_9364696.jpg

b0297710_936461.jpg


b0297710_9364328.jpg


うむ。今年はお家をお引越ししたり、ガジュマル君にとっても新しい年になったような気がします。

新居でもすぐに生活に慣れ、次々に根を張り巡らして行く姿は猛々しい016.gif

[小ネタ]
■葉を綺麗に保つ秘訣は「葉水」。
水の質は水道水。和えてこれを使いました。浄水使うか迷いましたが、多少の免疫?なる丈夫さをもった木に育って欲しいからです012.gif

■環境
4月から今日まで窓際+カーテン無し室内で育てました。

これから少し寒くなるのでもう少し室内寄りにもって行く予定です。
しばし秋晴れの空を楽しむのだガジュマル011.gif

b0297710_9364436.jpg


また、外にはほとんど出してません。
なぜかと言うと、葉焼けを起こすからです。
ただ葉に埃が溜まり、白くなることが最初は(何故か)ありました。
その時は水に濡らした綿棒やティッシュでゴシゴシ!ゴシゴシする!こっとっで綺麗になりましたよ017.gif
(結構強めにやらんと取れなかった。でもやりすぎると葉の表面が痛む)


■肥料
らしいものは使ってません。
しいて言えば、液体型の肥料を霧吹きに混ぜて掛けたくらいです。

差し水としていれると、青々しく育つのですが、硬くなってしまう事がしばしば(パキラとか)
ガジュマルは平気でしたが、、
霧吹きにしたら、しなやかなで弾力のある葉に育ちましたよ(なんかパンテーンの宣伝みたい)

たしか「土母」というものでした。
アフィリンク貼りますが興味あればです021.gifこっちの方が紹介しやすいので。
(後ほど、「どうも」と言うらしい)



正直このサイズでいいです。(カブトムシの蜜みたいな入れ物)
なので数百円に送料つけて買うより、ガーデニング屋さんや、多分東急ハンズに行けば売ってるはず。
(残念ながら僕は試供品でこのサイズのものをもらったので未確認です)

使用量も市販の150mm程度?の霧吹きに1,2滴たらすだけ、
使い切るまでに3,4日かかり、
その後の霧吹きは水道水に戻す。

なのでちっとも減りません。013.gif
植物の数は5個でも減らぬ。

HB101を買ったことがありますが、強過ぎて葉が硬くなってしまい、切り落としました。

買うなら土母かなぁと021.gif
ま、そんな話でした025.gif


p.s.

パキラの成長が目まぐるしい。

b0297710_9364715.jpg


b0297710_9364544.jpg


b0297710_9364844.jpg


僕の手より大きくなりました005.gif
[PR]
by MegKichi | 2014-10-03 08:07 | 植物育成記
<< 日本一富士山の眺望「新道峠」へ... スキルアップを前に >>