Q7レンズ マウントシールドレンズのインプレッション&レビュー

b0297710_19564027.jpg



PENTAXQ7 マウントシールドレンズのレビューです001.gif
この週は先輩のライブ兼代官山のレストランでお写んぽ。012.gif

その時の写真などを例に説明して行きます006.gif



PENTAX Qマウント シールドレンズ 07 MOUNT SHIELD LENS



b0297710_19564046.jpg



【早々たる評価】
マウントシールドレンズを使うと全体がややボケ味が掛かった画が撮れます。
また、常に絞り値F9の固定状態で撮影するので比較的に全体にピントがあっているように見える印象になります。

僕の使い方は「常にトイカメラ風に撮りたい時」、「Q7内蔵機能であるレトロ加工をかける前提の時」です。046.gif
ちょっとしたジョーク写真にむいていて、高画質思考の方にはオススメしません。
それは価格から見ても一目瞭然でしょう034.gif
(5000円前後)


評価は下記
b0297710_1956494.jpg
【評価(5段階)】
携帯性:5
表現力:3
画質:1
デザイン:3
耐久性:4


合計:16/ 25



【評価詳細】
携帯性:★★★★★
とてもいいです。
本体のキャップの代わりに使えるほどです006.gif

と言うのも、とっても薄く軽量。
本体マウント時は、ボディキャップ装着時に比べて厚み1cm増えるかどうかの話。

マウントシールド装着時
b0297710_19563885.jpg

b0297710_1956451.jpg



ボディキャップ装着時
b0297710_19564390.jpg

b0297710_19564459.jpg




その程度の変化で、大事なローパス(カメラ内側)を守れるだけでなく、撮影ができるのです。
重宝します006.gif

それにシャッター側のグリップの盛り上がりからの差は5mmもありません。

b0297710_19564112.jpg

b0297710_19564211.jpg


ほぼ気にならないと言っても過言ではありません。034.gif

表現力:★★★
先にも言ったように、
少しボケ味が掛かった写真になりますのでバリエーションが限られ、表現の幅が縮まります。
トイカメラ風に近い状態の画が吐かれます009.gif

カリッとしたと言うよりはモヤっとしているので、加工(Q7に入ってる機能)をすること念頭に置いて
僕は使ってます。018.gif

b0297710_19564277.jpg

[適用加工]
・レトロ
・シェーディング
・ベースメイク

b0297710_19564378.jpg

[適用加工]
・レトロ
・ベースメイク

b0297710_19563513.jpg

[適用加工]
・レトロ
・ベースメイク
・トイ加工

b0297710_1956365.jpg

[適用加工]
・レトロ
・ベースメイク
・ミニチュア加工


野外で使うと、なにかこう「迫ってくるぞ」風な画が吐かれます001.gif

全てにレトロ加工、一部ミニチュア加工を施しています。
b0297710_19564541.jpg

b0297710_19564516.jpg

b0297710_19564673.jpg

b0297710_19564741.jpg


人物
b0297710_1956487.jpg



ここまでで感じるに、どちらかと言うと
風景と言うよりは接写(料理、おもちゃなど)、ポートレートの方が得意なようです。
また焦点距離が50〜80mmのレンズを覗き込んでいるような、ある程度遠くの物を撮っている感覚に陥ります。
(フルサイズ53mm換算だそうです。)

なので、風景などの広角な写真を撮る時は被写体からかなり離れないとモニターに収めることができずイライラすることがあるでしょう013.gif

また、ピント固定型なので
被写体を中心に置かないと主題のわからない写真になってしまいます。
つまり黄金比を使った構図がとれず、「ドヤ!」とど真ん中に被写体を置いた写真しか撮れません。


画質:★
正直、PENTAX-01 STANDARD PRIME
などの画質重視なレンズには敵いません025.gif

ただ、「ボケ味のある加工が標準で適用される」ためある意味ひと手間省けます。
また「迫ったような加工」はQ7では出来ずパソコンの加工ソフトに頼らなければなりません。
つまりこのレンズ特有の効果を持っているのです004.gif
しかも価格が安い!まさにトイ価格です004.gif

Q7を持ちつつトイカメラを買うなら、こちらを買った方が賢い選択と思います。011.gif


デザイン:★★★

カラーバリエーションも一つしかない上に黒のみ。「可もなく不可もなく」といったところ。

ただ、レンズ装着時に文字が上から揃うのがカッコイイ001.gif
b0297710_19564826.jpg



耐久性:★★★★
レンズは端から大事に扱うべきですが、このレンズは丈夫です004.gif

素材はプラスチック?カバンなどの荷物に揉まれても、誤って踏んづけても壊れません。
(でも踏んづけて壊れても責任は負いませんm(_ _)m)

ただピンホール部分に爪楊枝などを刺すのは流石にNGだと思いますが013.gif

耐久性とはあまり関連性がないですが、ピンホールレンズのメンテナンスはちょっと一苦労するかもしれません。008.gif


【総評】
いいレンズなのかイマイチわからないレビューとなってしまいましたが、まとめるとこんな感じ。

・Q7の新しい表現の写真が撮れる
・もっとトイカメラ風の写真が撮れる
・気軽に持ち運べて撮影もできちゃう
・しかもカメラの大事なところも守れちゃう
・カメラをポケットに入れて移動したい

などの利点があるといったところでしょうか038.gif

最後に触れたポケットですが、これがとても凄い。
もともと小さいカメラではありますが、他のレンズをつけているとレンズ部分が突起した状態になります。
当然ポケットなどの小さいスペースに入れるのは難しかったり、ボディとレンズを別々に入れる事がありました。

しかしこのレンズは、スルッと入る。038.gif
ちょっとしたお散歩時にこのレンズをつけてポケットに入れて、
ある時にヒョイと出した時に驚かれたことがありました。
しかもこれが一眼レフなんだからさらに驚きです021.gif

僕の場合は、
力作はメイン機で、つぶやき用にこのレンズとの組み合わせがだいぶ楽に感じています004.gif






[PR]
by MegKichi | 2014-09-21 11:30 | インプレ
<< スキルアップを前に PENTAX Q7ぶらり散歩(... >>