どうやっても外れない三脚の雲台を外す方法

b0297710_2045587.jpg

ども。

今回はどう頑張っても取れない三脚の「雲台」を一人で外す方法を記事にします。



b0297710_20452567.jpg


【準備するもの】
1.三脚

(取れなかった場合レベル1)
2.蓋取りグリップ

(取れなかった場合レベル2)
3.六角レンチ(3/18インチ)
4.潤滑剤

(取れなかった場合レベル3)
5.ハンマー

【準備するもの(補足)】
今回は、というかどうしても外れない三脚はSLIK PRO 330 DXⅡ

グリップの効く敷物があると良いかも023.gif
軍手もあるといいです。

もう外れない前提で話してます。
外す側はグリップとことん行きましょう006.gif

2の蓋取りグリップは、ちと名称を忘れました008.gif
100円ショップで手に入れたビンなどの蓋を簡単に取れるアイテムです。
もし今回使わなくても、フィルター外しの時に一役買うので持っておいて損はないです023.gif

3の六角レンチは3/18インチでした。
少し恥ずかしかったですが、念のためホームセンターでサイズ合わせして購入です。

必要なサイズだけにすれば値段は200円程と低コストです。

4の潤滑剤は、バイク用のチェーンオイルです。ぶっちゃけこれで潤滑するのかわかりませんが、なんとなく潤滑剤としました015.gif

5.ハンマーは最後の最後で使います。
これやると三脚を破壊しかねないので、「もうダメだ!壊れてもいい!」というくらいの腹を決めてからやりましょう。

※ここまで言ってなんですが、これに関するトラブルについては責任を持ちません。あくまで自己責任でお願いしますm(_ _)m

【目標】
b0297710_20452778.jpg
Before

三脚の赤い線の部分が外れる部分です。

b0297710_20452161.jpg
After

こうなればゴールです。

【取り外し手順】
いよいよ手順です。
下記手順は最悪パターンであるハンマーを使わない方法です。
ダメだったらハンマーを投入してください。042.gif


b0297710_2045729.jpg


三脚の足を伸ばさない状態で、開き切ります。
雲台の持ち手を水平にしておきます。

b0297710_20453662.jpg



写真ように水平にして下さい。

b0297710_2045822.jpg

写真はもうレンチを突っ込んでますが、もともと硬いシールがついてました。
爪か、マイナスドライバーで外して下さい。

b0297710_20451039.jpg


レンチで一度、ボルトを外します。

b0297710_20452812.jpg

b0297710_20452921.jpg

はずしたら、潤滑剤をボルトがあった穴、赤い線にあった「外れる部分」に潤滑剤を噴射。染み込ませます。023.gif

10秒ほど待ち、
ボルトを戻します。念のため少し強めに締めます。

雲台を少し伸ばします。

b0297710_20451130.jpg



b0297710_20453013.jpg


蓋取りグリップを巻きつけるように持ち、もう片方の手は持ち手を握ります。
先の画像赤い線を回すようにイメージして「反時計回り」に捻ります。

取れましたか?
取れなければザンネン。
持ち手をハンマーで叩く作業です。
013.gif

b0297710_2045322.jpg


b0297710_20453793.jpg



取れればラッキー012.gif
雄ネジが少し湿ってるのは潤滑剤が染み込んだ影響と思います。
これのおかげで「回しやすくなった」と私は思います021.gif


b0297710_20453461.jpg


b0297710_20453298.jpg

晴れて別の雲台が搭載できます004.gif
[PR]
by MegKichi | 2014-05-11 17:35 | 写真
<< 5枚目の新芽 茨城県 ネモフィラ祭りに行って... >>