PENTAX Q7の機能遊び

b0297710_2216696.jpg


そういやシャッフル写真とかあった。
著作権とか気になった時はこの手法もいいかも知れませんな006.gif



一応選び方は写真プレビューで下キーを押すと出現します。

完全お任せと一枚ずつ選ぶ、フォルダ(デフォルトだと日付)ごとに選ぶがある。

フォルダなら旅行日の写真を一括で選択できそう。
しかし、ミスショットも選択されちゃうのと、選択後の微修正ができないので、「再シャッフル」を連打する事になりそうです013.gif


■カメラ内清掃機能「ダストリムーバル」
メニューの中の設定に「ダストリムーバル」というカメラ内清掃機能もあるのね016.gif
超音波でふるい落とすらしいが、仮に落とされたとしてそのゴミはどこに行くんだろう021.gif
不思議だ。

ただ、結局粘着生のあるゴミがある場合はクリーニングキットでの清掃や、サポートセンター?(修理屋さん)での依頼になる028.gif

ま、やらないよりはいいかも。

ちなみにNikon D300sでもイメージセンサークリーニングをやってます。
オンオフ両方でチュイーンってさせてます004.gif

以前はその機能をOFFにしてたからかゴミがよくついてました。

ニコンセンターでとってもらってからは気をつけてるのもあってか一年。
「気になるゴミ」は見かけなくなった印象です。

他メーカーはいくらか分かりませんが、1000円くらいでやってくれるのでオススメ006.gif

自分でやって数十万をダメにするよりずっと安いです。


■撮影レスポンスの向上「モードダイヤル」
レンズ装着部の横についているモードダイヤル。

モードもいつくか選べて、
・スマートエフェクト
・フォーカスモード
・アスペクト比

が注目025.gif

スマートエフェクトはあでみやび、モノクロなど、
違うパターンでの撮影を素早く切り替える事ができます。

フォーカスモードは使い方次第。
ピントダイヤルを無限大固定で、天体撮影などの定点撮影との切り替えが素早いが、
撮影スタイルに大きく影響するため、モードダイヤルにするにしても慎重な切り替えが肝になりそう009.gif

あと気になるのがアスペクト比。
最近はInstagramを始め、写真の縦横の比率が様々。(Instagramは1:1)

黄金比を意識して撮影しているのに比率のせいでトリミングせざるを得なくなるのが心苦しい。

そんな時、モードダイヤルにアスペクト比を設定しておくと素早く切り替える事ができます。

もともと1:1の比率で撮れればイメージもしやすくなりそうです006.gif

しかしながらオリジナルの比率の方が汎用性は高い。
好みによるところ015.gif
[PR]
by MegKichi | 2014-01-29 00:14 | 写真
<< 冬眠から目覚めたガジュマルくん PENTAX Q7のレンズ買い足し >>