PENTAX Q7インプレッション

b0297710_1023649.jpg

最近このカメラをちらつかせるような言葉をよく使ってる気がします。

このカメラを買って1,2ヶ月が経っただろうか。

今帰りの電車で立ちっぱなしなので、この時間を使って率直な感想を述べようかと思います004.gif



b0297710_1024044.jpg



【評価(5段階】
外観:3
操作性:2
機能性:4
携帯性:5
画質:4
バッテリー:3

合計:21/ 30


【外観】
小さくて可愛い。そのくせいい絵が撮れる。


しっかりとしたグリップで、小さいのに安定する。

交換レンズを揃えれば様々な形に。

極め付けはマウントアダプター。
これを装備すると、既存のPENTAXレンズを使えるのでアンバランスカメラとも言える。

あとはでかい一眼をメイン機として合わせれば、Q7(サブ機)からの本気モードに見えて格がつく004.gif
(凄いかどうかは個人差あり)
でも何気にQ7もいい写真撮れる。

ただ小さいので、体格のいい人には不恰好に見える。中肉中背から細身、
あとは女性全般に対しては似合いそう。

最近特にそう思うのだが、
ハンチング帽を被ると俳優の「向井 理さん」を意識しているのかと勘違いされる。
そして大変な申し訳なさと虚しさと恥ずかしさを覚える。
(男から見ても激ハンサム)

今年からハンチング帽を被り始めましたが、決して冒涜してるわけじゃありません。
自分のバリエの一つとして追加したまでです029.gif



【操作性】
シャッターの反応よし、撮影枚数をこなせるカメラ。


コンデジサイズのカメラで、こんなに撮影枚数を稼げるとは思いませんでした016.gif

後に紹介する携帯性でも触れますが、本格一眼と別格な軽さで常に身につけていても苦にならないため、
撮りたいと感じてからのシャッターへのアクセスが非常に速い。

さらにその軽さゆえに疲れにくいので撮影意欲の維持がし易いのが特徴と言えます。006.gif
b0297710_1023810.jpg


しかしその小ささか仇となり、操作ボタンが小さい。
シャッターとズームリングは大きいので問題ないですが、
頻繁に使う「OKボタン(実行)」が周りの4つのボタンの中心にあります。

すべてのボタンが小さいため、
確認しながら押さないと誤入力を招きます。

それなりに高いカメラ(このカメラもソコソコしますが)に嬉しいインターバル撮影も可能なので、コマ撮りも可能。
ストップモーションムービーにも対応します。004.gif
ただコマ間は5秒からなので、激しい動きには不向きと言えます。

マイナスイメージを追加するようですが次。
一枚加工するのは苦にならないのですが、撮り貯めた写真を次々に加工する時が厄介。

写真を加工すると、撮影一覧の最後に保存。表示されてしまいます。

加工後は写真から加工前写真に飛べないため、
もう一度加工したい場合や、
加工前写真の次の写真を加工したい場合はそこまで戻らなければなりません。

数枚なら良いですが、一日撮影後に振り返り加工する時は骨が折れることでしょう。020.gif

上記訂正です008.gif
編集後写真にてメニューボタン押下、デジタルフィルターを選択すると「元画像を探す」がメニューにあり、
選択すると戻れます。

せっかくの便利機能が「無い」と嘘を書いてしまい申し訳ありませんでした007.gif
ーーーーーーーーー

逐一写真を加工する事をお勧めします。034.gif



【機能性】
グリーンボタンとフィルター効果を使って人とは違う一枚が撮れる。


デジタル一眼の醍醐味である写真加工。
撮った写真をフィルター効果でいじり倒す事が可能。

b0297710_1023973.jpg
既に加工済み
色々な効果を重ねる事により、一味違う写真が取れます。

b0297710_1024051.jpg
さらにミニチュア加工を加え(手前ボートのライン)てジオラマに。


b0297710_1024120.jpg
フィルター機能の「シェーディング」を使えば光を操れる。

b0297710_1024278.jpg
物撮りが非常に得意。私自身も得意ですが(プリ

iPhoneアプリを使っても加工できますが、
Q7純正で加工した方が画質劣化が少なくてすみます。

またカメラ付属の液晶では限界があるようです。
言ってみればパソコンに入れるまではその本質がわかりません。

お店で試して見て、液晶だけで判断して欲しく無い。
想像以上にクリアです。この小ささでコレは快挙じゃないでしょうか。

b0297710_1024356.jpg

b0297710_1024413.jpg

b0297710_1024529.jpg

b0297710_1024643.jpg

b0297710_1024679.jpg


更に便利機能なのが操作ボタン中にある「グリーンボタン」コレは店員さんに聞いた話。かつあまり口にしたく無いのですが028.gif

グリーンボタンは便利ボタンとして何らかのショートカット機能として動作します。中でも「AEロック」という機能が秀逸です。

使い方は絞り優先モードなどで適当な方向へカメラを向けます。

するとオートで露出補正など、今見ている先をクリアにするための設定をカメラが調整してくれます。

自分がいいなと思った設定値でグリーンボタンを押すと、その設定値を固定。つまり「AEロック」するのです。

その状態で本当に撮りたいものにカメラを向けて、シャッター半押しでピントを合わせ、押し切れば理想の補正値で撮影する事ができます006.gif

ちと言葉だと難しいですが025.gif

まぁ、そうでなくても後から加工でどうにかなるので撮り遊ぶ。そこに付きます。
撮りたいものを360度の方角から、何かの後ろに、前に、何かと合わせたりして無限大の構図を試しましょう。


【携帯性】
持って居ないみたい!とは言わないけれど、こんなに軽いと思わなかった。


言うまでもなく軽いです。
通勤で毎日持ち歩いてますが、邪魔に思ったことはありません。012.gif

強いて言えばこの基準値は都度変化すると思います。

カメラとは非常に可変質なもので、本体はただの描写、記録。

そこにレンズの表現が合わさって一枚の絵を作ります。
その表現が多元過ぎて困ります。002.gif

例え小さくても、沢山のレンズがラインナップしています。
コレを全部揃えて所有。確かに一般の一眼の陣営に比べれば10分の1以下の量になりますが、
果たして携帯性が5のままか。と言ったところです。

少なくとも私は3か2になります。

そして止む無くレンズを限定してみると、ここぞと言う時に留守番のレンズが必要だったりします。

これはカメラにとって世紀の課題とも言える項目。
Q7にそこまで求めたら可哀想ですね。

しかしながら一眼カメラバッグの中に一式揃えれるのが強みでしょう。


おっと、流石に電車の2時間では書き終わらないようです。

続けます。


【画質】
バソコンに取り込むまでは消さないで。

どのカメラにも言えることですが、カメラ背面の液晶は、とった画像の本質を再現し切れていません。

パソコンどころかプリントアウトするまで消さないで欲しいくらいですが、013.gif

別売りで手に入るEye-Fiを使って瞬時にiPhoneへ取り込んでいます。
その絵を見ると背面液晶との違いがわかります。

あとは、逆光のさなかで撮ってても、液晶に反射してプレビューし難いのですが、意外といいの撮れてます。

それを信じてできる限りのシャッターを稼ぎましょう。
根気よく。数うちゃ当たるのです。


だんだんなんかの指南書みたいになってきましたが次。


【バッテリー】
カメラにとって命、撮影者にとっても命。

持ちの具合は特に言うことはありません。
「撮りたい時に電源を入れる」をして居れば一日は持ちます。

ただ、コマ撮り(定点)撮影をする場合や動画撮影の時は気を遣わなければならないでしょう。


【総評】
・常に首にかけてても苦にならない
・フィルター効果を楽しめる
・外見の割にいい絵が撮れる
・小さくて可愛い

上記項目が私の推しどころ。
これからカメラを始めようとしている方にお勧め016.gif
サブ機として、でも邪魔にならない程度と考えている人にもお勧めします!

ただ慣れてきて追求し出すと、少し不便に感じる可能性があります。
しかしその他の性能と比べるとさほと苦にはならないでしょう。

また、私は標準ズームキットを購入しましたので加工写真はここまでです。

ただ、他のレンズをお店で試し撮りさせてもらいました。その写真を下記に載せて締めくくりとさせていただきます。

標準単焦点レンズ
01 standard prime
b0297710_1024774.jpg

b0297710_1024871.jpg



望遠ズーム
06 telephoto zoom
b0297710_1025038.jpg

b0297710_1025126.jpg


高いですが正直、これらと新しく出た08 wide zoom(広角レンズ)があれば完璧だと思います。
他のレンズは安いですが、画質の低下が見受けられます。
トイチックな絵が得られますが、トイ加工はカメラ本体にも装備されていますので、買ってもそんなに出番がないかも。

と言うのもキャップレンズを買ったはいいが、結局出番なし002.gif
なのです。周りのボケ味が推しですが、本体加工の「シェーディング」を使った方が楽しくて021.gif


長くなりましたが以上です。
ご精読ありがとうございました。006.gif



2014/09/24追記

最近アフィリエイトを始めまして、恐縮ではありますがリンクを貼らせていただきます。










また、関連商品としてマウントシールドレンズのインプレッションも追加いたしました。
併せてご覧頂けると幸いです。
Q7レンズマウントシールドレンズのインプレッション&レビュー
[PR]
by MegKichi | 2013-11-21 21:40 | 写真
<< バックレスト装着 相模湖の秋を見に行こうツーリン... >>